あわら市役所=福井県あわら市

 福井県あわら市は6月29日、新型コロナウイルスの経済対策として、福井県民を対象としたあわら温泉旅館などへの1人2千円の宿泊割引事業について、当初の1万人から2万人に拡大すると発表した。すでに約9千人の予約が入っているという。

⇒県キャンペーンの予約は30日まで、福井県民宿泊半額

 同日、本年度一般会計補正予算として事業費2千万円を専決処分した。

 福井県が企画した県民向けの県内宿泊プランが最大半額割引となる「ふくいdeお泊まりキャンペーン」の予約が2万人から約4万人に増えたことを受け、市は「半数はあわらへの宿泊が見込まれる」と2倍に拡大することにした。

 対象は温泉旅館など市内26施設で、市は併用できる県のキャンペーンと同じ26日から宿泊割引の予約を始めた。

 市は当初の1万人分について前年7、8月の宿泊実績などに応じて宿泊割引券を各旅館に配分した。今回の追加1万人分については、キャンペーン予約開始以降の実績をもとに配分を検討していくという。宿泊割引の実施期間は7月1日から8月末まで。

関連記事