次亜塩素酸水を使った新型コロナウイルスの有効な消毒方法

 政府は6月26日、品薄が続くアルコール消毒液に代わる新型コロナウイルスの消毒法のうち、有効と評価された成分を最終的にまとめて発表した。飲食店や自治体での利用が急速に広まった次亜塩素酸水も、食器や手すりなど物の消毒に関して一定の条件で効果があると判断。正しい方法での使用を呼びかけた。

 次亜塩素酸水を巡っては有効性が議論になっていた。発表によると拭き掃除をする場合は、有効塩素濃度80ppm以上のものを使い、消毒したい物の表面がひたひたになるほどぬらす必要があると説明。流水で消毒する場合は、濃度35ppm以上で20秒以上掛け流す方法を示した。

 いずれの方法でも、事前に汚れを落とし、きれいな布や紙で拭き取る必要がある。

 手指など人体の消毒に関しては今回の検証の対象外。空間噴霧は、有効性が確認されていないため、推奨しないとの考えを示した。空気中のウイルス対策には消毒剤の噴霧ではなく、換気が有効という。

 次亜塩素酸水の購入、使用に当たっては、製品の使用方法や有効塩素濃度、酸性度、使用期限の表示を確認することが重要だとした。現在、市場に出回っている製品にはこれらの表示が不十分なものもあるため、経済産業省などは製造、販売事業者に対して表記を求めている。

 台所用洗剤などに使われる「界面活性剤」も消毒剤として効果を認めた。26日にはこれまでの発表分に、純せっけん分(脂肪酸カリウム)、純せっけん分(脂肪酸ナトリウム)の2種類を追加した。有効な界面活性剤は計9種類となった。

関連記事