佐々木勝久氏

 10月にある福井県の鯖江市長選挙で、鯖江市議会議員の佐々木勝久氏(52)=熊田町=が出馬の意向を固めたことが6月26日分かった。近く正式表明する。佐々木氏は、近く行う予定の地元支援者との会合を経て、正式に出馬表明する予定。福井新聞の取材に「鯖江市には優秀な職員、市民が大勢いる。広く皆さんの意見を聞きながら『チームさばえ』を目指し、市政を進めていきたい」と述べた。

 佐々木氏は山梨県出身。同県立日川高卒業後、東京電力に入社。2003年、鯖江市へ移住した。07年に市議に初当選し、これまで4期連続で当選を果たしている。17年から2年間、議長を務めた。

 市長選を巡っては、現職の牧野百男氏(78)=石田上町=が5選を目指し出馬をいったん表明したが、19日に撤回した。福井県議会議員の田村康夫氏(60)=桜町3丁目=が既に出馬表明しているのに加え、会社経営の山岸充氏(30)=深江町=も出馬の意向を固めており、三つどもえの選挙戦となる可能性が高くなった。市選管によると、市長選に3人が立候補すれば、1955年以来65年ぶり。

 市長選の日程は9月27日告示、10月4日投開票。
 

関連記事