表彰式でプレゼンターらと記念撮影に納まる加藤団秀社長(中央)=6月19日、東京都千代田区の学士会館

 ワイングラスで日本酒の香りや味わいを競う「ワイングラスでおいしい日本酒アワード2020」の表彰式が6月19日、東京都千代田区の学士会館で開かれ、メイン部門で最高金賞に選ばれた加藤吉平商店(福井県鯖江市)の加藤団秀社長にトロフィーが贈られた。

 最高金賞を受賞したのは「梵・純米55」。同商店は過去に同アワードで8銘柄が最高金賞を射止めているが、メイン部門での受賞は2度目。

 全国からの蔵元約20人が参加。プレゼンターの落語家、林家たま平さんがラグビーW杯日本代表のユニホーム姿で現れ一人一人にトロフィーを授与、フェースシールドを着けた加藤社長も笑顔で受け取った。

⇒【連載】福井出身・西村まどかが「きき酒師」に挑戦!

 加藤社長は「コロナ禍で全国の蔵元も大変厳しい状況だが、式で顔を合わせ、みんな頑張っていることが確認できた。わが社としては代表的な銘柄が評価されうれしい」と話していた。

関連記事