巣立ちを前に羽ばたきの練習をする「やまちゃん」=6月16日、福井県越前市安養寺町

 福井県越前市は6月21日、同市安養寺町の人工巣塔で生まれた国の特別天然記念物コウノトリのひな1羽が巣立ったと発表した。福井県内で野外のひなが巣立つのは、58年ぶりとなった坂井市での2019年の巣立ちに続き2年連続となった。

⇒【D刊】ひな4羽の巣立ちは越前市の悲願

 越前市によると、同日午前7時25分に雌の「やまちゃん」が安養寺町の田んぼに降り立った。親鳥の雄は県が2016年に同市坂口地区で放鳥した「たからくん」。

関連記事