福井県内外から訪れた観光客でにぎわう、美浜、若狭両町にまたがるレインボーライン山頂公園=6月20日

 政府が自粛を求めていた都道府県をまたぐ移動が全面解禁されて最初の週末となった6月20日、福井県内の観光地には旅行者が戻り始め、人出回復への期待が高まった。

⇒【D刊】恐竜博物館、朝倉氏遺跡…県内の状況詳しく

 今春リニューアル工事を終えた美浜、若狭両町にまたがるレインボーライン山頂公園は、年間約18万人の来園者のうち約7割が県外客。ここ数日は県外客は約2割にとどまっていたが、20日は約6割に増えた。駐車場には関西や中京方面の県外ナンバーが目立ち、午前11時ごろから満車となった。

 滋賀県から家族で訪れた観光客は「県境をまたぐ自粛が解除され、まずは近場と思って福井に来た。久々の県外観光で子どももリフレッシュできたみたい」と喜んでいた。

関連記事