巧みなボールさばきを見せる福井ユナイテッドFCの我那覇和樹(中央)=6月20日、福井県坂井市のテクノポート福井スタジアム

 サッカー北信越リーグ1部の福井ユナイテッドFCは6月20日、福井県坂井市のテクノポート福井スタジアムで大学生チームと練習試合を行った。今季初の公式戦となる28日の県選手権準々決勝に向け、戦術を確認しながら、けが人を除く全23選手を試した。

 練習試合は45分2本、30分1本の形式で行われ、報道陣にのみ公開した。選手たちは、ボールを奪ってから攻撃につなげる動きや、前線での守備などを確認。新加入の元日本代表のFW我那覇和樹は巧みなボールさばきで相手ゴールを何度も脅かすなど順調な仕上がりを見せた。

 寺峰輝監督は「選手のコンディションは上がってきている。細かい部分を修正していきたい」と話していた。

 天皇杯全日本選手権県代表を決める県選手権は新型コロナウイルス感染防止のため全試合無観客で行われる。北信越リーグは、7月19日に開幕する予定。

関連記事