新型コロナウイルスの電子顕微鏡写真(国立感染症研究所提供)

 米軍三沢基地(青森県三沢市)で、海外から訪れた軍関係者3人の新型コロナウイルス感染が確認されたことに関し、三沢市は6月19日までに、米軍から「感染者が所属する部隊のPCR検査が終了し、数人の感染者が出た」との連絡を受けたと明らかにした。県は「基地内で感染拡大防止措置が取られている」として、市中に感染が広がる可能性は低いと判断した。

 米軍は軍事機密を理由に、感染者が既に判明していた3人から増えたかどうかを明らかにせず、市は具体的な情報を提供するよう求めている。

 県は厚生労働省に確認した上で、米軍関係者の感染者数を県内分には計上しないとしている。

関連記事