6月14日午前9時の予想天気図(気象庁ホームページより)

 梅雨前線や低気圧の影響を受け、西日本や東日本、北日本で局地的に雷を伴った非常に激しい雨が断続的に降るとして、気象庁は6月13日、大雨による土砂災害、低い土地の浸水、河川の増水や氾濫に警戒を呼び掛けた。

 気象庁によると、本州付近を通る梅雨前線は暖かく湿った空気が流れ込んで活動が活発に。前線上の黄海で低気圧が発生し、14日にかけて発達しながら日本海を東北東に進む見通し。西日本や東日本は14日にかけて、北日本は15日にかけて大気の状態が不安定になる。

 福井地方気象台によると、福井県内は14日朝から夜遅くにかけて雷雨となり、1時間予想雨量は多いところで嶺北50ミリ、嶺南30ミリ。同日午後6時までの24時間予想雨量は、嶺北、嶺南とも多いところで100ミリ。

 JR西日本金沢支社は大雨が14日に予想されるとして、北陸本線と小浜線、越美北線は同日早朝から午前中にかけ列車の運転取りやめや遅れが発生する場合があると発表した。

関連記事