「ベストファーザー」に贈られる「イエローリボン賞」を受賞した藤木直人さん=東京都内

 父の日を前に各界の最もすてきなお父さん「ベストファーザー」に贈られる今年のイエローリボン賞に俳優の藤木直人さん(47)、ラグビーワールドカップ(W杯)日本大会で活躍した田中史朗選手(35)、東京都渋谷区の長谷部健区長(48)がそれぞれ選ばれ、12日に発表された。

 昨年のNHK連続テレビ小説「なつぞら」で、心優しい父親を演じた藤木さん。「自分には縁がない賞だと思っていた。朝ドラの影響力を改めて知った」と笑顔で話した。3人の子育てで心掛けていることは「いろいろな体験、経験をさせてあげること」だと言い、「昨日も子どもたちとクワの実を収穫して、ジャムを作った」などと次々にエピソードを披露した。

 田中選手はW杯に家族の名前を刺しゅうしたスパイクを履いて出場。「ずっと支えてくれたので、子どもたち、妻も一緒に戦うという意味で(名前を)入れた」と思いを語った。

 同賞は日本メンズファッション協会などの主催で、39回目。新型コロナウイルスの感染拡大防止のため、授賞式は中止になった。

関連記事