福井県庁

 6月1~7日のJR福井駅周辺の昼(正午~午後1時)の来訪者数が、福井県内での新型コロナウイルス感染拡大前の水準に戻ったことが8日、県の調査で分かった。3月9~15日より0・6%増えており、県は「1日に学校が再開されたためでは」とみている。

 調査は福井市内の福井駅周辺、大型商業施設が多い大和田周辺、繁華街「片町」周辺の3カ所で行っている。3月9~15日と比べた結果、福井駅周辺の昼の来訪者数は初めてプラスに転じた。大和田周辺の昼は12・1%減、片町周辺の夜(午後8~9時)は44・9%減だった。

 調査はNTTドコモの統計情報「モバイル空間統計」を利用して推計している。

関連記事