福井県鯖江市の眼鏡製造技術とFFBEの世界観がコラボレーションしたオリジナル眼鏡

 福井県鯖江市はゲームソフト大手スクウェア・エニックス(東京)が配信するスマートフォン、パソコン向けゲーム「ファイナルファンタジー ブレイブエクスヴィアス(FFBE)」とコラボレーションし、ゲームの世界観を反映したオリジナル眼鏡を開発した。市内の眼鏡枠製造企業が製作を担い、産地の技術を生かした商品に仕上がっている。

 FFBEは、世界的な人気を持つゲームシリーズ「ファイナルファンタジー(FF)」の一つ。全世界で4千万ダウンロードを突破している。「めがねのまちさばえ」を国内外に発信したい市がFFBEとのコラボを持ち掛け、1年近くかけて準備を進めてきた。

 オリジナル眼鏡「ファイナルファンタジー ブレイブエクスヴィアス コラボレーション グラスィズ/ニコル」は、FFBEのキャラクター「ニコル」が掛けている眼鏡をイメージした。テンプル(つる)の先の耳に掛ける部分「モダン」の先端には、ニコルが持つアイテム「魔導書」の刻印をデザインした。フレームはチタン製で、モダンにはセルロースアセテート樹脂を用いた。

 付属の眼鏡ケースには、ニコルの妹ルルカのセリフを英文で記している。また購入特典としてシリアルコード付きカードがもらえ、FFBEで使えるオリジナルアイテム「FFBEコラボさばえ眼鏡」が入手できる。

 税込み2万2千円。スクウェア・エニックスの専用サイト「e-ストア」で購入できる。

関連記事