あでやかな花が咲き乱れるハナショウブ園=6月9日、福井県福井市田ノ谷町の大安禅寺

 梅雨入り間近となり、福井県福井市田ノ谷町の大安禅寺では約1千株のハナショウブが咲き、しっとりとした風情をたたえている。カエルの鳴き声や小鳥のさえずりが響く中、美しさを競い合っている。

 約1千平方メートルの花菖蒲(はなしょうぶ)園に約60種が植えられている。同寺副住職の高橋玄峰さん(37)によると、6月9日はちょうど満開で、6月中旬まで楽しめるという。

 訪れた人たちは園内の通路を散策し、ベンチに座ってゆったり眺める姿もあった。グループで訪れた坂井市の女性は「新型コロナウイルスで皆が大変な中、今年もきれいに咲いてくれた。元気なオタマジャクシも見られてうれしい」と話していた。今年は恒例の花菖蒲祭は中止になった。

関連記事