新型コロナウイルスの電子顕微鏡写真(国立感染症研究所提供)

 石川県の谷本正憲知事は6月8日、新型コロナウイルス感染拡大の影響で売り上げが減少した事業者支援として県が創設した融資制度を巡り「製造業の皆さんは、借りられるものは借りておこうと(する)。借り慣れているから」と発言した。県内の温泉地関係者らと県庁で面会した際に述べた。

 融資制度が活用されていると説明する中での発言。資金繰りに苦慮する事業者に配慮を欠いているとの指摘を受けそうだ。

 特別融資制度は3月から開始し、限度額は8千万円。谷本氏は「一番多いのは1千万円までの利用で、飲食店はちょっとずつ借りる。製造業は借り慣れているから8千万円まで(借りる)」と指摘した。

関連記事