福井市役所

 福井県福井市教育委員会は学校や登下校中の児童生徒の熱中症を防ぐため、気温や湿度が高く熱中症の恐れが高い日は新型コロナウイルス感染予防用のマスクを外すことを認め、6月8日までに各小中学校に通知した。

⇒給食風景様変わり、板で仕切りも

 市教委によると、文部科学省が5月22日に示した衛生管理マニュアルで、熱中症になる可能性が高い場合はマスクを外してもよいとしたことから6月5日、新型コロナ対策の市ガイドラインを改正。マスクを外す場合は換気や児童生徒間の距離を1~2メートル取ることを求めた。

 2月のガイドライン作成当初は、給食や体育の授業、部活動中を除き常時マスクを着用することを要請していた。

 6月8日の市議会一般質問で、八田一以議員(一真会)の質問に吉川雄二教育長が「暑い時期を迎えることから、学校に配慮をお願いした」と述べた。

関連記事