肉厚に育ち、次々と収穫される「越前とまと」=6月8日、福井県福井市東安居地区

 福井県福井市特産の「越前とまと」の収穫が、福井市東安居地区で最盛期を迎えている。直径約10センチの大玉は肉厚でみずみずしく、酸味の中に程よい甘みがあるのが特徴。収穫は7月下旬まで続く。

 同地区では約20軒の農家がハウス栽培している。7棟で約5千本を手掛ける石森正隆さん(44)は6月8日、両親と午前5時から作業を始め、赤く色付き始めた実を一個一個丁寧にもぎ取っていた。収穫から2日ほどで真っ赤に熟すという。

⇒【D刊】「越前とまと」の写真もっと

 今冬は雪が少なかったため、生育は例年以上にいいという。石森さんは「ミキサーにかけて、トマトジュースにするのがお薦め」と話していた。

関連記事