クラウドファンディング「ミラカナ」のロゴマーク

 福井新聞社と福井銀行、レディーフォーによる福井県に特化したクラウドファンディング(CF)サービス「ミラカナ」の活用例や成功の秘けつを伝えるセミナーが6月23、30の両日、開かれる。新型コロナウイルス感染防止のため、ビデオ会議アプリ「Zoom」で行う。プロジェクト(PJ)を成立させ、夢に向けて歩み出した実行者が経験談を語る。

⇒セミナーのチラシはこちら

 ミラカナは、地域活動や商品開発などさまざまなPJの資金調達をバックアップするプラットフォームとして、2018年4月に開始。PJ実行者がインターネットで不特定多数の支援者から資金を集める。一定期間で目標額に達した場合に資金が得られる。

 PJが専用ページに公開されると、福井新聞紙上や関連のウェブサイトで情報発信を支援する。これまでに33件が公開され、そのうち30件が成立。2件は進行中で、1件は成立しなかった。達成率は96%と高率で、支援総額は4千万円超に上る。

 セミナーは1時間。レディーフォーの担当者がCFの概要と成功の秘けつなどを紹介する。実行者を交えたトークセッション、CFに使える福井県の制度や補助金についての説明もある。

⇒セミナーの申し込みはこちら

 第1回の6月23日は午後1時半から、第2回の6月30日は午後7時から。参加無料。申し込み締め切りは第1回が6月19日、第2回は6月26日。申込時に申請すれば、セミナー後の個別相談会に参加できる。問い合わせは福井新聞社新規事業開発室=電話0776(50)2931

関連記事