新型コロナウイルスの電子顕微鏡写真(国立感染症研究所提供)

 福岡県の北九州市は6月4日、6人の新型コロナウイルス感染を確認したと発表した。6人が新規感染か、再陽性かは現時点で明らかにしていない。

 北九州市の新規感染者数は2日が6人、3日が5人と2日続けて1桁だった。最多で26人(5月29日)を記録するなど2桁が続いた5月末からは減っているが、市は、この数日間が「正念場」として、警戒を解いていない。

 北九州市では4月30日~5月22日は感染確認がゼロだったが、23日から12日連続で感染が判明し、計124人に上る。

関連記事