東京都は6月4日、新型コロナウイルスの感染者が新たに28人報告されたと発表した。うち23人を10代から30代までの若い世代が占めた。都内の感染者は累計で5323人となった。都は感染拡大の兆候を受けて今月2日に「東京アラート」を出して警戒を呼び掛けている。

 都によると、直近7日間では1日当たりの新規感染者数の平均は18・3人に増加した。新たに報告された28人のうち、感染経路が不明なのは14人だった。

 都内の感染者数は3月下旬から急増し、4月中旬にピークに達した。5月下旬にかけ減少傾向にあったが、同25日の緊急事態宣言解除後は再び増加に転じた。

関連記事