池上遼一さんが故郷に贈ったメッセージを添えた展示パネル=6月2日、福井県の越前市役所

 漫画「サンクチュアリ」「クライングフリーマン」などで知られる福井県越前市出身の劇画家、池上遼一さんから同市に新型コロナウイルス感染症の克服に向けた激励の手書きメッセージが届き、6月2日から市役所3階でパネル展示が始まった。8月2日まで。

 メッセージは「鉄は打たれることで姿を変え強靱(きょうじん)となって美しい光を放つ 越前のサムライのように」という内容。多くの人が新型コロナウイルスに苦しむ現在の状況を越前打刃物の製作工程に例え、困難を乗り越えた先に「美しい光」が見えると古里を励ましている。

 市は、池上さんが2019年市内で開いた自身初の作品展に合わせて描き下ろした原画「鋼竜と侍」にメッセージを添え、大型パネルを作成。原画は打刃物など市内の伝統工芸をイメージした若い侍が描かれており、力強いメッセージと調和している。池上さんの代表作2点のパネルも展示している。

関連記事