緊急事態宣言解除前後の人出の比較

 新型コロナウイルス流行に伴う緊急事態宣言の解除後1週間の人出が、百貨店とテーマパークで約3割、ファミリーレストランとファストフードで約2割それぞれ増えたことが2日、IT企業「クロスロケーションズ」(東京)の解析調査で分かった。

 調査は匿名化されたスマートフォンの位置情報を基に9業種約1万6千地点を訪れた人を推計。解除前(5月11〜17日)と解除後(同25〜31日)の1週間を比較した。

 業種別でみると、9業種全てで解除前から増加したが、百貨店が37%増と最も多かった。テーマパークが32%増で続き、ファミレスが26%増、ファストフードが24%増となった。

関連記事