新型コロナウイルスの電子顕微鏡写真(国立感染症研究所提供)

 新型コロナウイルス対策として国民1人に10万円を配る「特別定額給付金」を巡り、秋田市が各世帯に発送した申請書に不備があったことが5月30日、分かった。「押印してください」と明記したにもかかわらず、押印場所を示す「印」の記載がなかった。約200件の問い合わせや苦情があったといい、市は押印がなくても自筆で署名すれば問題はないとしている。

 市は、28日から市内約14万世帯に申請書を発送。受け取った市民から29日に指摘があり、不備が発覚した。市は同日、ホームページで「自署の場合、押印不要」と掲載した。一方、自筆の署名ではなく署名欄にゴム印を押すなどした場合は、押印が必要という。

 市担当者は「分かりづらい記載となり混乱を招いて大変申し訳ない。正確に給付するよう努める」としている。

 市はオンライン申請も1日から受け付けていたが、申請内容に誤りや不備が多かったため29日で打ち切り、30日からは郵送に一本化している。

関連記事