新型コロナウイルスの電子顕微鏡写真(国立感染症研究所提供)

 気温と湿度が高くなり、食中毒のリスクが増す時期。新型コロナウイルスの影響でテイクアウトを始める飲食店が急増したことを受け、食品業界や専門家が「STOP食中毒キャンペーン」を立ち上げた。業者や消費者に食中毒を防ぐための注意点をホームページやチラシで伝えている。

 (1)常温で保管しない(2)加熱したら急冷却する(3)菌数が増えやすい料理を避ける―といった調理のポイントを列挙。中心温度75度以上で1分間より長く加熱した魚や肉などリスクが低い例と、レアな肉や自家製ドレッシングなど高リスクな例を対比した表や、「真空パックとレトルトの違い」といった食中毒に関する話題も掲載する。

 発案者で、飲食店向けの青果販売会社を経営する「anemosu」(東京)の浅井裕子社長は「食中毒が起き、多忙な病院や保健所に負担をかける事態を防ぎたい。購入したら、すぐに食べてほしい」と話す。(この記事は5月22日に書かれたものです)

関連記事