新型コロナウイルスの電子顕微鏡写真(国立感染症研究所提供)

 大阪府の吉村洋文知事は5月29日、新型コロナウイルスの感染拡大の影響で3月上旬から休校を続けている府立高校が、授業時間を確保するため、夏休みを10日間、冬休みを7日間程度に大幅短縮する必要があるとの見通しを明らかにした。

 府立高は今週から、受験を控える3年生などの授業を順次再開。6月1日から全学年を対象に分散登校を始め、全面的な授業再開は15日の予定。

 府教育庁は、文化祭・体育祭、修学旅行など最低限の行事を実施してカリキュラムを終えるための標準的な対応例として、年度末までに土曜日に5回授業をした上で、夏休みを8月7~16日、冬休みを12月29日~1月4日とする日程を各校に示している。

 吉村知事は「感染拡大の第2波、第3波が来て、再び休校となれば対応はさらに難しくなる」と述べ、改めて国に9月入学制への移行を求めると記者団に述べた。

 府教育庁は、府内の各市町村教育委員会にも夏休みなどの大幅短縮案を示している。大阪市教委はこれを踏まえ、市立小中学校の夏休みを17日間、冬休みを12日間に短縮する方針を明らかにした。再び休校になった場合は、さらなる期間短縮や年間3日間ほどの土曜日授業の数を増やすなどして対応する。

関連記事