新型コロナウイルスの電子顕微鏡写真(国立感染症研究所提供)

 経済産業省は5月29日、品薄が続くアルコール消毒液に代わり新型コロナウイルスの消毒に有効と評価される成分として、台所用洗剤などに使われる「界面活性剤」のうち「塩化ベンゼトニウム」「塩化ジアルキルジメチルアンモニウム」の2種類を追加したと発表した。

 2種類は市販の歯磨き粉や口内を洗浄する洗口液などに使われているという。経産省などが新型コロナ消毒に有効と評価した界面活性剤は計7種類となった。手指用ではなく、ドアノブやテーブルなどへの使用を想定している。

 塩酸や食塩水を電気分解した「次亜塩素酸水」については、市販品も含めて引き続き有効性を検証する。

関連記事