営業が再開された「通天閣」展望台でビリケンさんにエアタッチし笑顔の女性たち=30日午前、大阪市

 営業が再開された「通天閣」の展望台。屋外では訪れた人たちが景色を楽しんでいた=30日午前、大阪市

 新型コロナウイルスの感染拡大の影響で休止していた、大阪市浪速区の観光スポット「通天閣」展望台の営業が30日、再開された。シンボルの幸運の神様「ビリケンさん」の像では、御利益があるとされる足の裏に直接触れず、なでるそぶりをする“エアタッチ”にしてもらうよう利用客に呼び掛けている。

 大阪府豊中市の会社員根岸英之さん(43)は、ビリケンさんの足の裏に手をかざし「なんとなくパワーをもらった感じ」。娘の利寧ちゃん(5)は「良いことありそう」と満足そうだった。

 29日に大阪府が運用を始めた「コロナ追跡システム」のQRコードも受付や展望台に掲示した。

関連記事