北海道と札幌市は5月29日、新たに3人が新型コロナウイルスに感染したと発表した。道内の感染者は計1066人となった。

 新たな感染者のうち1人はクラスター(感染者集団)が発生した勤医協中央病院(同市東区)の看護師。同区の特別養護老人ホーム大友恵愛園で60代女性介護職員の感染も判明、市は28日に現地対策本部を設置し、入所者らのPCR検査を進めている。

 残る1人はこれまでに6人の感染者が出ている空知地方の美容室の女性客。道は29日、この美容室でクラスターが発生したと認定した。

関連記事