医療従事者に敬意を示すため、自衛隊中央病院の上空を飛行するブルーインパルス=29日午後、東京都世田谷区

 医療従事者に敬意を示すため、東京都庁(左)上空を飛行する航空自衛隊のブルーインパルス=29日午後、東京都新宿区(共同通信社ヘリから)

 医療従事者に敬意を示すため、東京都江東区の江東病院上空を飛行する航空自衛隊のブルーインパルス=29日午後

 新型コロナへの対応を続ける医師や看護師に敬意を示すため、航空自衛隊のアクロバット飛行チーム「ブルーインパルス」6機が29日、東京都心を飛行した。

 空自入間基地を離陸し、午後0時40分ごろから約20分間、コロナ感染者を受け入れている病院の上空などを通過しながら、都心部を8の字を描くように2周。白のスモークも噴射した。

 ブルーインパルスの機体には青色があしらわれており、青い光をともして医療従事者への感謝の思いを表す「ブルーライトアップ」の取り組みにちなんだ。

 空自によると、東京都心を飛ぶのは2014年5月31日の旧国立競技場のお別れイベント以来。

関連記事