オンライン取材に応じるJ1鹿島・三竿=28日

 J1鹿島が28日、新型コロナウイルスの影響で休止していた全体練習を再開した。練習は非公開で、オンライン取材に応じた主将の三竿は「活気があふれていて、みんなが自発的に声を出すようになっている」と充実感を漂わせた。

 4月7日からチーム全体の活動がなく「生きがいがなくなった感覚があった」という。今季就任のザーゴ監督の下、ボール保持を重視した新スタイルを模索しており「中断明けから、変わった姿を見せられるようにやっていく」と意気込んだ。

 リーグ再開日は29日の実行委員会で決まる。三竿は「安心してプレーできるような対策をしてもらえれば」と要望した。

関連記事