オールフクイ実行委員会が企画したプレミアム付き買い物券のPRチラシ

 新型コロナウイルス感染拡大の影響で落ち込む消費を喚起しようと、福井県内のショッピングセンター(SC)や商店街など8団体でつくる販促団体「オールフクイ実行委員会」は6月1日から、県内10商業施設・団体が参加するプレミアム付き買い物券を販売する。施設ごとに先着100人に販売し、1万円で1万2千円分の買い物ができる。

 参加する商業施設・団体は、西武福井店、エルパ、ベル、パリオシティ、福井市商店街連合会、ハピリン、プリズム福井(以上福井市)、武生楽市(越前市)、アルプラザ・アミ(坂井市)、ヤスサキ各店。

 買い物券購入は1商業施設につき1口1万円まで。商業施設によって千円券12枚セットと、500円券24枚セットがある。

 販売方法は新型コロナ感染防止で「3密」を回避するため、オールフクイ実行委のホームページ(HP)にアクセスし、チケット決済システム「パス・マーケット」を利用してもらう。購入すると返信メールが届く。販売期間は6月1~15日。

 買い物券の引き換えは7月1日から始まり、各施設の指定場所で氏名と身分証明書を提示すれば配布される。引き換え期間と買い物券の使用期間は12月31日まで。同実行委HPに詳細が記載されている。

 プレミアム付き買い物券の企画は、県のクラウドファンディングを使った事業継続応援プロジェクト補助金を活用した。同実行委の担当者は「新型コロナにより商業施設や商店街は売り上げ減の厳しい状況だが、買い物券販売で連携することによって多くの方に来店してもらい、商業界を盛り上げたい」としている。

関連記事