記者会見する神奈川県大和市の大木哲市長=5月27日午後、大和市役所

 神奈川県大和市は5月27日、スマートフォンを手にした「歩きスマホ」を防止する条例案を6月市議会に提出すると発表した。罰則はないが、市民に「スマホは立ち止まって操作するもの」との意識を浸透させ、歩行者や自転車とぶつかる事故を防ぐ狙い。市によると、成立すれば全国初となる。

 大和市は1月、小田急江ノ島線中央林間駅など市内2カ所で通行人計約6千人を調査した結果、約12%が歩きスマホをしていた。条例案は市内の道路や公園など公共の場所でスマホを操作する場合、他者の通行を妨げずに立ち止まって行うことを規定。6月1日に提出され、25日の市議会で採決、7月1日からの施行を予定している。

 大木哲市長は記者会見で「急激な普及により、スマホを巡るトラブルが増えている。社会の変化に行政が応えていくことが必要だ」と話した。

関連記事