新型コロナウイルスの電子顕微鏡写真(国立感染症研究所提供)

 石川県の谷本正憲知事は5月27日の記者会見で、新型コロナウイルス感染防止策としてナイトクラブやカラオケ店など10業種を対象に継続している休業要請について、6月1日に全て解除すると発表した。

 谷本氏は、感染状況や医療提供態勢に関して県が独自に定めた指標を下回る状況が続いていると説明。「感染リスクをコントロールしながら行動するという発想の転換も重要だ」と述べ、都道府県をまたぐ移動についても段階的に緩和する方針を示した。

 県は遊興施設など106業種に対し、4月21日から休業を要請。国の緊急事態宣言の対象から外れたことを受けて5月15日に8業種、20日に88業種を解除するなど段階的に緩和してきた。

 現在閉園している日本三名園の一つ、兼六園(金沢市)は6月1日から再開する。

関連記事