道路を走る馬=25日午前、東京都品川区

 25日午前11時ごろ、東京都品川区の大井競馬場から馬1頭が逃げ出し、約15分後に約1・3キロ離れた同区東大井1丁目の交差点付近でワゴン車と衝突する事故があった。警視庁大井署や競馬場によると、馬は出血した状態で保護され、競馬場で治療を受けている。

 逃げたのはレースなどで競走馬を先導する誘導馬「セイントメモリー号」。現役時代は先行逃げ切りの脚質で活躍した。

 25日は場内を歩行中に物音に驚き、担当者の手綱を振り切って脱走。高さ約1・6メートルの金属製の門を跳び越え、場外に逃げた。跳び越えた際に門が大きく揺れ、接触した警備員がこめかみを切る軽いけがをした。

関連記事