日本小児科医会は5月25日、2歳未満の子どもはマスクの着用をやめるべきだとの見解を公表した。窒息や熱中症の危険があると警告する一方、新型コロナウイルス感染による子どもの重症化は少ないと指摘している。

 同会によると、成人と比べ気管が狭いため、マスクをすると呼吸しにくくなり窒息の恐れがあるほか、心臓に負担がかかる。嘔吐(おうと)した際に窒息につながる危険性も増す。体内に熱がこもって熱中症のリスクが高まることや、顔色や表情の変化から体調の異変に気付くのが難しくなることも懸念される。

 世界的に子どもの感染例は少なく、幼稚園や保育園、学校での集団発生はほとんどないという。同会は「新型コロナ感染症は、子どもにとって今のところ心配が少ないようだ」と分析した。

関連記事