春の大会が中止になり、夏の大会もあるのかどうかまだわかりません。昨秋の大会ではレギュラーとして出場できなかったので、この春夏に向けてレギュラーになれるよう頑張ってきました。

⇒伝えたい思い…メッセージの一覧を見る

 自分一人だけではなく、チームメートとも頑張って練習してきました。休校になってからも、大会がなくなるのではないかと不安になりながら、あると信じて家で素振りをしたり、トレーニングをしたりしました。

 しかし、春の大会が中止になり、夏の大会もあるのか分からないまま引退が近づき、本当に悲しいです。夏が最後の大会なのにただ悔しいです。せめて地区大会だけでも規模を縮小してもいいので開催してほしいです。

 そうでないと、受験に向けてうまく心の切り替えもできません。本当ならば今も夏に向けて頑張って練習している時なのに、2カ月以上も部活動をできていません。もう一度仲間と部活をして、大会に出て思い出を作りたいです。(中学ソフトテニス部3年、sky=福井市)

⇒あなたもメッセージを伝えませんか

  ×  ×  ×

 新型コロナウイルスの感染拡大で、部活動に情熱を注いできた中高生は、日ごろの成果を発揮する舞台が失われた。しかし、仲間と頑張った足跡は消えない。福井新聞社に寄せられた中高生や保護者らの思いを紹介する。

関連記事