オリエンタルランドは22日、計2千億円の融資枠を設ける契約をみずほ銀行などと結んだと明らかにした。運営する東京ディズニーランド(千葉県浦安市)と東京ディズニーシー(同)が新型コロナウイルス感染拡大の影響で2月末から臨時休園を続けており、手元資金に余裕を持たせるのが狙い。

 オリエンタルランドによると、3月末時点の現預金は2611億円。広報担当者は「手元資金は問題ない水準だが、消費マインドが低下したままの恐れがある」と契約の理由を語った。契約は今月15日付で、6月30日から2年間はいつでもお金を引き出せるという。

関連記事