新型コロナウイルスの電子顕微鏡写真(国立感染症研究所提供)

 福井弁護士会は5月21日、無料電話法律相談に新型コロナウイルスに関する相談が11件寄せられたと明らかにした。「感染者が身内に出たことを会社に報告したら、言いふらされた」とする内容もあった。

 弁護士会は新型コロナ感染拡大を受け、4月6日に無料相談を面談から電話に切り替えた。11件は5月20日までに寄せられたもので▽コロナの影響で養育費を一方的に減額してきた▽留学予定先が渡航不可能となり、費用返金の連絡があったのに一向に返金がない-などの相談もあったという。

⇒昼食は車中…感染から職場復帰の男性が抱える自責の念

 同会はまた、6月から越前、敦賀、小浜の3市で面談での法律相談を再開する方針も明らかにした。

関連記事