全館営業が再開され、開店と同時に売り場に向かう買い物客=5月21日午前10時、福井県福井市の西武福井店

 新型コロナウイルス感染拡大を受け休業していた西武福井店(福井県福井市)は5月21日、約1カ月ぶりに全館で営業を再開した。開店を心待ちにしていた客でにぎわい、中心市街地に少しずつ活気が戻ってきた。

 午前10時に店長や販売員が出迎え開店すると、待ちわびた客が次々に入店し、目当ての売り場に向かっていた。来店した女性(82)=同市=は「週1で通っていたので再開を待っていた」と喜び、娘と訪れた女性(42)=同市=は「(来年閉鎖の)新館で買い物できるのもあと少しだし、休業は寂しかった」と話していた。

 店は感染防止策として、レジ周辺に飛沫(ひまつ)感染防止用のビニールシート、出入り口などには消毒液を設置。化粧品売り場では当面、試供品の提供や実演を行わない。営業時間も午前10時~午後6時に短縮する。

 大野仁志店長は「お客さまも販売員も安心できるような環境づくりをしていきたい」と話していた。

 同店は食品売り場を除き4月18日から休業していた。

関連記事