雇用調整助成金のオンライン申請の稼働延期を知らせる厚生労働省のホームページ画像

 厚生労働省によると、5月20日正午から始める予定だった「雇用調整助成金」のオンライン申請のシステムに不具合が発生した。復旧のめどは立っていない。

 厚労省のホームページには同日午後0時半の発表で「システム不具合発生のため、稼働を延期いたします」としている。

 厚労省は、申請を試みた人が他人の個人情報を一時的に閲覧できたケースが複数あったと明らかにした。情報漏えいの恐れがあるとして原因を調べている。20日中は復旧できないとの見通しを示した。

関連記事