2019年9月に茨城県笠松運動公園陸上競技場で行われた茨城国体の総合開会式

 鹿児島県で10月に開催予定の第75回国民体育大会が新型コロナウイルス感染症の影響で、今秋の開催が困難な情勢となっていることが5月19日、関係者への取材で分かった。延期の可能性も含めて代替案を模索しており、関係機関が今後検討を本格化させる見通しだ。

⇒夏の甲子園開催可否、きょう議論

⇒県高校総体中止、3年生涙の部活引退式

 国体は日本スポーツ協会と開催都道府県、文部科学省が共催する国内最大の総合スポーツ大会。鹿児島県の三反園訓知事は15日に日本スポ協の伊藤雅俊会長、18日にスポーツ庁の鈴木大地長官とオンラインで会談した。鹿児島県の緊急事態宣言は解除されたが、全国からの移動や宿泊には感染のリスクが伴う。流行の第2波への懸念もあり、参加選手らの安全面からも通常通りの開催はハードルが高い。

 日本スポ協や文科省は、鹿児島県が長期間準備を進めてきたことも考慮した上で、対応を決める。延期などの日程調整は今後の開催地に固まっている自治体の了解が必要となりそうだ。

 今夏に予定されていた全国高校総体(インターハイ)は中止が既に決定。10月3~13日に予定されていた国体も約6割の競技の予選会が中止や延期になっており、6月中に開催可否を判断する方針が示されている。

関連記事