野球の坂本竜三郎選手

 BCリーグ1年目の昨シーズンは自信を持って配球をうまく組み立てられない場面もあり、課題がたくさん見つかりました。2年目に懸ける思いは強い。開幕時期が定まらない現状は正直つらいです。

⇒【前を向こう】中高生にトップアスリートからエール

 でも(日本野球機構=NPB=傘下の)プロ野球へ進む夢のために前を向く。開幕が遅れているNPBも収益の落ち込みを受け、ドラフト会議では育成枠の選手が増えるのではと個人的にみています。育成指名が多い独立リーガーにとっては好機ともいえる。プラス思考で捉えています。

 プロを目指そうとはっきり意識したのは中学3年の時、主将として臨んだ全国中学校体育大会(全中)です。初戦で敗れましたが、強豪のすごさを知り「高いレベルの場所で戦いたい」と闘志に火が付きました。

 高校は毎日朝練と夜練に励んだ。最後の夏の県大会初戦で2打席連続本塁打を放て、「練習はうそをつかない」と肌身で感じました。

 中高時代の試合や練習で学んだことは僕の宝物で、支えです。大会中止が相次いでいる中高生のみんなはチーム練習ができず、本当に苦しいと思います。この悔しさは生涯忘れないでしょう。仲間や監督とよく話して、次の一歩を踏み出してください。

 昨季は所属球団の清算という事態に直面し、人生の岐路に立った。「古里に恩返しがしたい」と、地元の新球団にとどまる決意をしました。1年1年が勝負の世界です。打率3割、盗塁阻止率4割を目標とし、主軸も狙います。そして悲願のリーグ制覇を成し遂げてみせます。

 一日も早く野球がしたくてたまらない。中高生のみんなと同じ気持ちです。収束の日に向けて自主トレーニングを頑張りましょう。

 ■さかもと・りゅうざぶろう 足羽小学校―光陽中学校-鯖江高校。BCリーグの福井ミラクルエレファンツを経て福井ワイルドラプターズ所属の高卒2年目。小学1年から捕手一筋。中学3年時に主将として全中に出場した。174センチ。20歳。

  ×  ×  ×

 新型コロナウイルスの感染拡大で、スポーツ大会が相次いで中止に追い込まれた。汗と涙をぬぐって頑張ってきた成果をどこにぶつければいいのか、と悩む中高生のみんなを勇気づけたいと、福井出身の選手たちが自らの体験を踏まえたエールを寄せた。

 福井出身の選手たちが福井県の中高生アスリートにエールを送る「前を向こう」。福井新聞は「前を向こう」で紹介した選手への激励メッセージを募集します。選手たちに皆さんから激励メッセージを送りませんか?選手に届けます。 →メッセージ投稿はこちらから

関連記事