【論説】県内大学でインターネットなどによる遠隔授業が行われている。通常の対面式と異なるだけに学生、教員ともに戸惑いがあるだろう。第2波の懸念もあり新型コロナウイルスの終息はまだ見通せない。中長期化も視野に教育効果を高める工夫を続けたい。

 遠隔授業であっても、対面での授業に相当する効果をあげる必要はある。一方的に講話を聞かせたり教材を見せたりするだけでは不十分だ。学生の理解を深めるためには、教員側にもある程度の工夫が必要となる。黒板の文字を見やすくしたり、音声を聞き取りやすくするだけでなく、動画を見せたり、小テストをさせたりとさまざまな授業構成が考えられる。

 説明ビデオを延々と長時間見せられたのでは、いくら学生に意欲があっても集中力を継続させるのは難しいだろう。現場では、大学院生に授業を補助してもらう「ティーチング・アシスタント」制度を活用し、授業を振り返り、指導力向上に取り組んでいる教員も少なくない。

 通信容量に気を配る必要もあるが、ビデオ会議システムで学生同士が意見交換することも積極的に検討してほしい。慣れないとオンラインで情報を伝えるのは難しいという意見をよく聞く。今、教育現場では「主体的・対話的で深い学び」の大切さが指摘されている。今回の遠隔授業の導入をオンラインによるコミュニケーション力を磨くきっかけにしたい。

 積極的な学びの姿勢も学生に求めたい。ネット上で教材の公開を進める大学もあり、こうした教材は自由に閲覧できる。さらに、自分の大学の授業でネット配信された教材を繰り返し見るのもいい。さまざまな教育コンテンツに目を向け、より広く、深く学ぶ契機にすることが大切だ。

 福井大で遠隔授業推進に取り組む教員のワーキンググループは、導入に向け「学生と教員が一つの壮大な共同実験をしていると思えば、楽しみが見いだせるのではないか」としている。

 成績判定の材料となる試験の実施など、福井大でも検討すべき課題は多いという。ただ、遠隔授業はこれまでの教育スタイルを変える可能性を秘めている。対面式に戻ったとしてもICT(情報通信技術)を活用した授業が大きく進展することも考えられるからだ。

 個性に沿った教育や、人生百年時代の到来を見据えたリカレント教育などの推進につながるICT。今回得られる経験を平時にも生かそうとする視点を持つことが必要だ。

関連記事