1966年放送のウルトラマン(C)円谷プロ

 「ウルトラマンが地球で戦えるのはなぜ3分間なんですか?」。そんな質問が神戸新聞「まいどなニュース」に寄せられた。ウルトラマンといえば1966年7月~67年4月にTBS系で毎週日曜夜7時から放送された、巨大変身ヒーローが登場する特撮ドラマの草分け的存在。クライマックスの戦闘シーンでは「3分間」という制限時間があり、リミットが近づくと胸のカラータイマーが点滅する…という設定は、リアルタイム世代でなくとも幅広く知られている。改めて検証した。(神戸新聞まいどなニュース・北村泰介)

 まず、諸説を列挙してみよう。

(1)ボクシングの1ラウンドが3分だから。
(2)ラーメンにお湯を入れて待つ時間が3分だから(カップ麺のない時代なので、丼に袋麺と熱湯を入れてふた)。
(3)巨人・長嶋茂雄選手の背番号が「3」だから。
(4)特撮コスト削減のため―。

 製作した円谷プロダクションは「まいどなニュース」の取材に対し、「ウルトラマンの活動時間の理由につきましては、諸説ございますので、弊社としての公式見解という形での明言はしていない状況です」と回答。そこで、専門家の解釈を聞いた。

 ウルトラマンの放送開始50周年となった2016年に「ウルトラマン トレジャーズ」という豪華な永久保存ブックが出版された。門外不出の制作資料、番組企画書、撮影時の台本、原画など貴重な「お宝」を復刻、収蔵した一冊だが、この書籍をプロデュースした娯楽映画研究家の佐藤利明さんに見解をうかがった。

 佐藤さんは「潤沢な予算で撮影していた前番組『ウルトラQ』に比べ、ウルトラマンはカラー番組ゆえに予算管理が徹底されました。そこで特撮シーンの分量(制作費用と制作期間)を抑えるために制限時間が設けられました。ウルトラマンの初期企画『レッドマン』で既に『地球上での活動に時間的制限があり、長時間レッドマンでいることは出来ない』と設定されています」と解説した。

 佐藤さんは「その制限時間をカラーテレビで効果的に見せるために、カラータイマーが設定されたのです。点滅するのはモノクロのテレビでも分かるようにという配慮からです。そのかせができることで、ファイトシーンの緊張感も盛り上がる、というわけです」と指摘。さらに「当時のTBSの宣伝資料『ウルトラマンあらすじ集』には『最初は青色で三分間、途中黄色に変わったときが注意信号で、赤色になるとあと三十秒ですべての力を失う危険信号になっている』とありますから、最初は3分間以上に設定されていたようです」と付け加えた。