大型トレーラーから落下した橋梁の一部=5月15日午前7時15分ごろ、福井県南越前町河野

 5月15日午前4時40分ごろ、福井県南越前町河野の国道305号で、高松市のトラック運転手男性(62)が運転する大型トレーラーの荷台から、北陸新幹線の橋梁(きょうりょう)の一部が落下した。けが人はなかった。

 福井県警越前署によると、落下した橋梁は長さ約7メートル、幅約3メートル、高さ約3メートル、重さ約20トン。橋梁を荷台に固定していたチェーンが何らかの理由で切れたという。現場は急カーブで、大型トレーラーは東進していた。詳しい原因を調べている。

 橋梁の一部が引きずられた影響で、道路には長さ約4メートル、幅約10センチ、深さ最大約8センチの傷がついた。

 橋梁の撤去や道路の修復作業のため、県丹南土木事務所は同日午前9時半から同11時まで、国道305号(同町赤萩―河野)3・2キロを全面通行止めにした。

関連記事