収穫時期を控え、黄金色に色づいた大麦=5月14日、福井県坂井市春江町

 大麦の収穫時期を控え、福井県坂井市春江町の田園では5月14日、初夏の日差しを受け、一面が黄金色に輝く光景が広がった。

 JA福井県坂井地区の管内では大麦が約1900ヘクタールで栽培されている。例年、収穫は6月に入ってからだが、暖冬だった今年、早い所では5月下旬から刈り取りが始まるという。

 この日の県内は高気圧に覆われ、日差しの強さを感じる一日となった。福井地方気象台によると、県内は16日から天気が崩れる見込み。

関連記事