政府の緊急事態宣言に関し、39県での解除を表明する安倍晋三首相=5月14日午後、首相官邸

 安倍晋三首相は5月14日、新型コロナウイルス特措法に基づき47都道府県に発令した緊急事態宣言について、福井県を含む39県で解除すると表明した。

 継続の8都道府県は北海道、埼玉県、千葉県、東京都、神奈川県、京都府、大阪府、兵庫県。

 8都道府県の緊急事態宣言の解除については、21日をめどに専門家の評価を聞いた上で、期限の31日を待つことなく可能であれば解除する考えを示した。また、80を超える業態ごとに感染予防のガイドラインが策定されたとした上で「解除された地域を中心に、事業者はガイドラインを参考に事業活動を本格化してほしい」と述べた。

 新型コロナウイルスの抗原検査について「来月には1日当たり2万~3万人分の検査キットを供給できる見込みだ」として、PCR検査と組み合わせ、検査体制を強化すると訴えた。

関連記事