新型コロナウイルスの電子顕微鏡写真(国立感染症研究所提供)

 石川県は5月11日、新型コロナウイルスのクラスター(感染者集団)が発生した二ツ屋病院=かほく市=の入院患者で、感染が確認されていた90代女性が死亡したと発表した。新たに同病院の入院患者2人の感染も判明。県内の死者は計17人、感染者は計280人となった。

 県によると、新たな感染者2人はともに90代女性。いずれも4月28日のPCR検査では陰性だったが、5月9日に発熱があり、再検査で陽性と確認された。同病院の関係では計69人が感染、そのうち入院患者11人が死亡した。

 同病院には11日、厚生労働省のクラスター対策班が2度目となる現地調査に入った。

関連記事