津田寛治さん

 福井県福井市出身の俳優津田寛治さんが映画「カタラズのまちで」のウェブ公開に合わせ、古里の福井県民へのメッセージを福井新聞に寄せた。メッセージは以下の通り。

⇒津田寛治さん監督映画をウェブ公開

 今回のコロナ禍で、福井県がいち早くマスク購入券を全世帯に配布するというニュースを聞いて感動しました。日本全国が未曾有の不安に襲われる中、福井はマスク購入券配布という独自の政策を打ち出したのです。決して派手な救済とかではないけれども、そっと市民に寄り添うような政策はすごく福井っぽいなあと、福井県民として誇らしく思いました。

 幼いころから自分の故郷に感じていたのは、多くは語らず、緊急のときほど落ち着き、静かに行動する…そんな大人たちの背中でした。そして、今またあらたにその頼もしい背中を見せて頂いたような気持ちです。

 全世界が危機的状況下にあっても福井は大丈夫だと、きっと他県のお手本になっていくんだと、なぜか確信しています。先ほども福井在住の友人から「マスクある? 送ろうか?」というメールをもらいました。自分が足りている時は足りていない人にまわす。これが福井の県民性だ!と確信しました。

 県民度の高い福井の皆さんなら、この災厄を、周りの人と助け合いながら確実に乗り越えていくと思います。

 皆さん。ともに頑張りましょう!!

関連記事