小浜市役所=福井県小浜市

 新型コロナウイルス感染症の緊急経済対策で、国が国民1人当たり10万円を支給する「特別定額給付金」事業で、福井県小浜市は5月9日、マイナンバーカードを使ったオンライン申請と、早期支給希望者向けの事前申請で受け付けた分について、予定を前倒しして8日に最初の給付を行ったと発表した。福井県内市町では最速。

⇒ふくいの新型コロナ特集

 5月1日から事前申請、3日からはオンライン申請を受け付けている。11日の給付開始を目指していたが、「オンライン受け付けの処理が予想よりスムーズに進み、住民基本台帳に基づいたデータ処理が早く済んだ」ため、前倒し対応が可能になったとしている。

 8日に給付したのは、5日までに受け付けた事前申請5世帯と、オンライン申請72世帯の合計77世帯分で2060万円。

 11、12日には、オンラインでそれぞれ6、7日に受け付けた24世帯(580万円)、12世帯(350万円)に給付する。13日からは郵送申請分の給付を始め、この日は352世帯に9070万円を振り込む。

⇒【前編】コロナで夫が死亡、妻「奇跡信じて闘った」

⇒【後編】夫亡くした妻「コロナが憎い」駐車場から火葬見守る

 市内の世帯数は1万2121(2万9065人)。8日までに申請があったのは事前、オンライン、郵送合わせて465世帯(1206人)。9日には市に郵送申請書類が約1500通届き、職員は土日返上で対応する。

関連記事