「テイクアウトマルシェFUKUI」のチラシ

 福井県嶺北の飲食店7店が自慢の料理を販売する「テイクアウトマルシェ福井」が5月10日、福井市問屋町2丁目の福井問屋センター駐車場で開かれる。新型コロナウイルス感染拡大防止のためにドライブスルー方式を採用。3密を避けて各店こだわりのテークアウト(持ち帰り)料理を買うことができる。

⇒福井県、昼間の外出自粛11日緩和

 企画したのは、同センターに以前あった「108(とんや)CAFE」の復活に取り組む松本剛さん(33)=越前市=と小川智也さん(35)=鯖江市。他県で同様の取り組みが行われていることを知り、県内飲食業界を盛り上げようと思い立った。

 駐車場は車約30台止められる広さで、注文と支払い用のカウンターを設け、店先で商品を渡す。来場者は車から降りずにルートに沿って進むだけで料理を購入できる仕組みだ。

 同カフェのほか、2人の呼び掛けに応じた嶺北の6店が出店する。フランス料理店の特製カレーや鯖江市の伝統薬味「山うに」を使ったたこ焼きなど幅広いメニューがそろった。2人は「安心・安全を心がけて地元の店の味を提供したい。多くの人が大変な状況に陥っている中、少しでも笑顔になっていただければ」と話している。

 開催は同日午前11時~午後2時。予約不要で、完売し次第終了する。問い合わせはテイクアウトマルシェ福井実行委=電話090(5885)3207。

 ■108CAFE以外の出店者は以下の通り。

足羽山デッキ(福井市)天喰家、ほやっ停、三六酒場まるこめ、富士屋会館(鯖江市)
ラ クラルテ(坂井市)

関連記事